ブログ

blog

トップページ ブログ シンク下が臭い‼︎臭いの原因を突き止めて改善する方法をプロが解説します

シンク下が臭い‼︎臭いの原因を突き止めて改善する方法をプロが解説します

シンク下が臭い原因とは

Disease, The Medicine, Health, Medications, Pain

キッチン用品や掃除用具などを収納していることが多いシンク下ですが、排水管が近くにあることで臭いが発生することも珍しくありません。便利な収納スペースであるシンク下を有効活用するためには、清潔で気持ちの良い環境を整えましょう。シンク下が臭っている場合はまず、原因を探るようにしてください。

①排水溝に問題がある

キッチンのシンクから排水が流れていく排水パイプの入口・出口である排水溝。この排水溝は食品のカスが溜まりやすく、臭いが発生しやすい箇所となっています。排水溝は目につきやすく、臭いにも気づきやすいので、こまめに掃除をしてぬめりや食品カスを取り除きましょう。

②排水管のつまりや汚れ

シンク下に通っている排水管に汚れが詰まると、そこから悪臭が発生することがあります。特に排水管には食べ残しの食品カスや油汚れがつきやすく、放置するとぬめりから悪臭が発生してしまうのです。この排水管のつまりや汚れは悪臭だけではなく、つまりの原因にもなりえます

排水管から臭いがすると感じたら、直ちに対策を取りましょう。

③カビの発生

キッチンのシンク下は通気性が悪く、湿気が溜まりやすい環境であることから、カビや雑菌が繁殖しやすくなっています。また、お湯を使う時間が長いとシンク下の冷え切った気温とお湯の温度差で結露も発生しがちです。湿った調理器具をしっかり乾燥させずに放置しているとさらにカビが発生しやすくなるため、湿度を上げないように気を付けましょう。

④配管に隙間が開いている

ドブのように激しい悪臭がする場合、配管の構造そのものに異常をきたしているケースがあります。経年劣化でシンク下の排水ホースと塩ビ管の間に隙間が生まれてくると、下水の臭いが上がってくるのです。通常排水設備の蛇腹ホースが繋がる部分には防臭キャップがついていますが、これは経年劣化します。そのため隙間パテを使ったり、防臭キャップを取り付け直したりすることで改善されます。

ほかにも排水管にあるつなぎ目が緩むとつなぎ目とともに水漏れと臭いが発生するため、劣化したときには業者に依頼をして取り替えましょう。

⑤シンク下に収納しているものの臭い

シンク全体に空気がこもっているような臭いがしている場合、シンク下の収納物が臭いを発している可能性大です。食品や洗剤などの掃除アイテム、調味料などが一箇所に混在すると臭いがまじりあって複雑な臭いが発生します。

シンク下の臭いが急にするようになる理由

これまでは気にならなかったのに、ある時を境に臭いが気になったことはありませんか。その場合、排水管に隙間が生まれたり、防臭キャップが機能しなくなったりして、そこから一気に臭いが発生している可能性があります。

排水管の修理や古くなった部品の切り替えは簡単にできないものも多いため、状況を確認して自分で修理するのは難しいと感じたら、業者を呼ぶことをおすすめします。

シンクが臭い時に自分でできる対処法

Soap, Bristle, Natural Brush, Rag, Clean Up, Cosmetics

シンクから臭いが発生した場合、原因と状況によっては自分で対処できる可能性大です。ここからは自分でできるシンクの嫌な臭いの対処法を紹介します。原因を突き止めたら、まずは自分で対応できないかどうかを判断しましょう。

①防臭キャップをつける

防臭キャップがしっかりついていることによって、臭いをほぼ完璧に防ぐことができます。その防臭キャップをつけたり、取り替えたりするためには、まず蛇腹ホースと排水パイプの接続部分を確認しましょう。この部分にある防臭キャップが外れていれば、しっかりとはめ直しましょう。

防臭キャップが劣化していたり、取り付いていなかったりした場合、ホームセンターやオンラインショップで販売されている防臭キャップを購入して取り付けましょう。この時にキャップのサイズが誤っていると隙間が空いてしまうため、必ず家庭の排水管の太さに合わせた商品を選ぶようにしてください。

②重曹やパイプユニッシュを使って掃除をする

臭いの原因が排水管の汚れやつまりが原因である場合、重曹やパイプユニッシュを使って排水管の汚れを落としましょう。キッチン周りを換気してゴム手袋をつけたら、シンクの排水溝にパイプユニッシュを注いで30分ほど放置してください。その後、水道水で流すだけで完了です。水の通りが良くなるでしょう。

排水管の掃除と言うとパイプユニッシュを想定する方が多いものですが、リーズナブルで手が荒れにくい重曹もおすすめ。重曹には汚れだけではなく臭いを取り除く作用もあるため、二重の効果を期待できます。

重曹を使用するときには、シンク下全体に振りかけて一晩放置し、翌日乾いた雑巾でふき取りましょう。取り切れなかった重曹は掃除機で吸い取れば問題ありません。最後にアルコールや除菌スプレーを吹きかけ、しっかりと川かしたら完了です。

小さじ2杯分の重曹を200mlの水で溶かして、直接吹きかける手もあります。これならば一晩おかずに掃除が完結するため、時間が限られている方におすすめです。

③塩素系漂白剤を使ってカビを除去する

シンク下からカビの臭いが発生するときには、塩素系漂白剤を使って悪臭の原因であるカビを落としていきましょう。塩素系漂白剤としてはカビキラーが定番です。

塩素系漂白剤を使用する際にはシンク下の収納物をすべて取り出し、漂白剤を雑巾に吹きかけて、シンク下全体を拭いていきます。別の雑巾でしっかりと水拭きをしたら、乾いた雑巾でからぶきをして、乾燥させたら終了です。

作業をするときには手があれないように、ビニール手袋の使用をおすすめします。

④配管部の隙間をパテで埋める

配管部に隙間が生まれてしまった場合、これもまたホームセンターやオンラインショップで販売されているパテを使って埋めていくことができます。パテには固まらないタイプと固まるタイプがありますが、初心者の方には修正しやすい固まらないパテがおすすめです。

使用するときには、まず雑巾を使用して床と配管の接辞部分の周りを掃除しましょう。乾拭きしたら、シンク下をしっかりと乾燥させましょう。その後、パテを盛るように隙間に詰め込んでいけば完了です。

何をしてもシンクの臭いが消えない場合は業者に相談!

Office, Business, Accountant, Accounting, Notebook

水回りであるキッチンには食品や調味料など、多くのものがそろっているため、臭いが発生しやすい環境です。極力臭いの発生を防ぐためには排水口に水切りネットをつけたり、油を排水口に流したりしないようにするなど、気を配りましょう。シンク下向けの消臭・防カビ剤を使用するのもひとつの手です。

それでも臭いが発生してしまった場合、まずはシンク下の状態を確認して、自分で直せないかどうかを考えましょう。賃貸物件にお住まいの方は、大家さんやオーナーに相談して業者を呼んでもらうこともできます。

自分で修理をしようとしたとき、少しでも難しいと感じたら、業者に相談することをおすすめします。無理やり自分一人で修理をしようとすると、かえって排水溝や排水管を傷めてしまうおそれがあるためです。こうなってしまうと、かえって工事コストがかさむことになります。

愛知県名古屋市に本社を構える中部水道修理株式会社では、愛知・三重・岐阜県への出張工事を承っております。24時間365日対応を行っているため、深刻な水回りのトラブルも早期解決を期待できます。実績も豊富ですので、一度ぜひホームページをご覧くださいませ。

 

 

 

24時間受付 お忙しい方専用10秒フォーム 24時間受付 お忙しい方専用10秒フォーム

    (15分以内にご連絡希望の方はこちらにチェックして下さい)

    お名前

    電話番号

    メールアドレス

    水トラブル場所

    散水栓の水漏れを止めたい!原因や業者依頼にかかる費用について

    今すぐタップでお問い合わせ!見積もり・出張費用0円