ブログ

blog

トップページ ブログ 浴室の排水口つまりはこれで解決

浴室の排水口つまりはこれで解決

お風呂

入浴中に浴室の排水口の水の流れが悪いと感じたり、排水口から水が逆流してきたりしたことはありませんか?
浴室の排水口は思っている以上にトラブルが起こりやすい厄介な場所です。出来れば、詰まりが酷くなってしまう前に自分で解決して、毎日のバス・タイムを快適に過ごしたいものです。
そこで、今回は、浴室の排水口詰まりの原因や自分で出来る簡単な対処方法などについてご紹介しましょう。

排水口詰まりのよくある原因

まずは、排水口詰まりのよくある原因にはどのようなものがあるか見てみることにしましょう。
排水口詰まりの主な原因として、髪の毛、油脂、垢、石鹸カスをあげることが出来ます。これらが主な原因であることは、恐らく多くの方が想像されていた通りではないでしょうか?
中でも、髪の毛はその量の多さから特に目につくものです。ご存知の通り、髪の毛は数年周期で生え変わっていますので、髪にトラブルを抱えていない方でも毎日50~100本前後の抜け毛が起こっています。そして、シャンプーのときに、頭皮に刺激が加えられたり、指に髪の毛が絡みついてしまったりするため、古い髪の毛が最も多く抜けてしまうことになります。こうした髪の毛の生え変わりのための抜け毛の内、どの程度の割合分がシャンプー時に抜けてしまうのかは不明ですが、仮に50%としても相当な量になります。
また、入浴の際、頭皮や皮膚の油汚れや垢がシャンプーや石鹸の泡と一緒に洗い流されるだけでなく、アロマオイルやボディーオイルなどを使っている場合は、こうした油も一緒に洗い流されることになり、詰まりの原因になってしまいます。
これらの汚れが、毎日の入浴によって繰り返し排水口に流れ込むことで、排水管に少しずつ蓄積されて行ってしまいます。つまり、排水管の内側に徐々にへばりついてしまった髪の毛や油汚れなどをそのままにしておくと日に日に大きくなってしまい、排水口の中にある排水トラップの部分やトラップとつながっている排水管内の空間を少しずつ狭くしてしまうことになります。
こうして排水管内の空間が狭くなってしまったことによって、排水管の中を流れることが出来る水の量が減少してしまい、水の流れが悪くなってしまったり、排水口から水があふれ出して来たりするようになります。
また、排水口詰まりの原因となっている、髪の毛、油脂、垢、石鹸カスは、とても困ったことにそれぞれがお互いに汚れを増幅してしまう関係にあります。油脂や垢、石鹸カスの汚れが排水口に流れ込んで付着していると、その付着した汚れに髪の毛がひっかかってしまいます。そして、今度はその髪の毛に新たに流れ込んできた油脂、垢、石鹸カスが絡みついてしまうようになります。つまり、浴室の排水口の中ではこうした悪循環が毎日繰り返し起こってしまっていることで、いわゆる雪だるま式に汚れの塊がどんどん大きくなってしまっているのです。

放っておくとどうなるの?

それでは、浴室の排水口の詰まりを放っておくと、どうなってしまうのでしょうか?
排水口の詰まりを悪化させる原因を放置しておくと確実に毎日状況は悪化の一途をたどってしまうことは、既にご理解頂いていると思います。浴室の排水口の詰まりをそのままにしておいて状況が改善する可能性は全くありません。
排水口に溜まった髪の毛、油脂、垢、石鹸カスの汚れは、実は雑菌の大好物なのです。こうした汚れを放置しておくと雑菌が発生して、日に日に増殖して行くことになってしまいます。雑菌が増殖することでぬめりが発生してしまいます。そして、このぬめりが更に、髪の毛や油脂、垢、石鹸カスの汚れをキャッチする役目を果たすようになってしまい、事態の悪化がますます加速されて行きます。
排水口の水の流れはますます悪くなってしまい、詰まりの原因がますます肥大化して行き、雑菌の巣窟のようになってしまいます。雑菌の巣窟と化した塊からは、今度は悪臭が放たれるようになって来ます。こうなってしまうと、良い香りに包まれてバス・タイムでリラックス出来る状態ではなくなってしまいそうですね。
更に悪化してしまうと、一体どうなってしまうのでしょうか?排水管に流れ込んだ水が逆流してしまうようになってしまいます。その建物の排水管の配管構造にもよりますが、築年数がかなり経過している建物の場合は、トイレなどの汚水と台所や浴室などの生活排水が合流するようになっているケースがあります。こうした配管構造になっていると、汚水と生活排水が入り混じった水が逆流して来てしまうこともあります。こうなってしまうと、ご自分での対応はほぼ無理な状況になってしまいます。上下水道の新設や修理を専門家に行なっている業者に依頼されることをお勧めします。

対処方法について

浴室の排水口の詰まりが酷くなってしまう前に、自分で簡単に解決する方法があれば試してみたいと思いませんか?
排水口の詰まりは、詰まりの原因となる汚れを定期的に取り除くことで、予防したり解決したりすることが可能です。それでは、その詰まりの原因となる汚れを取り除く方法をいくつかピックアップしてみましょう。

・「パイプクリーナー」を使って詰まりを解消

ドラッグストアーやスーパーマーケットなどで手軽に購入することが出来る「パイプクリーナー」を使って詰まりを解消する方法は、手軽に行なうことが出来ますので、あれこれ手間をかけたくない方には、お勧めの方法です。
こうしたパイプクリーナーは髪の毛などの汚れを溶かしてしまうほど強力なものですので、皮膚についたりしないように慎重に取り扱って下さい。使用量が少なすぎたり、放置時間が長過ぎたり短過ぎたりすると、洗剤の効果を十分に発揮することが出来なくなってしまいますので、用法に従って使用することが重要になって来ます。パイプクリーナーを流し込んで用法に記載されている時間を超えて放置しても、汚れがより沢山落ちたりしないばかりか、状況をますます悪化させてしまうケースもありますので、自己判断による使用方法は行なわないことをお勧めします。

・重曹とクエン酸を使って解消

パイプクリーナーを使うことに対して抵抗がある方には、重曹とクエン酸を使って詰まりを解消する方法を試してみてはいかがでしょうか?重曹とクエン酸を同量ずつ用意して下さい。そして排水口の周りから下側に向け重曹を振りかけていきます。そして次にクエン酸を重曹の時と同じように振りかけて行きます。重曹とクエン酸をふりかけ終わったら、ぬるま湯を徐々に流しこんで行きます。こうすることで、炭酸ガスの泡が出てくるようになります。この泡で排水口の汚れや排水管の汚れを落としてくれる仕組みになっていますので、1時間ほどそのままにしておきましょう。最後の仕上げに排水口にぬるま湯を流し込んで泡を落として終了です。

・排水口を分解して掃除する

パイプクリーナー洗剤や、重曹とクエン酸を使って排水口を掃除するのも良いですが、排水口を分解して排水トラップなどを掃除することで、すぐに詰まりを解消することが出来るケースもあります。排水口のフタを取り外せば、排水トラップの部分を取り外して掃除することは意外なほど簡単に出来ます。特にこの部分は髪の毛が引っかかって詰まりやすい部分になっていますので、ぬめりが発生しやすい部分でもあります。

排水口の詰まりは、ある日突然起こるものではありません。毎日少しずつ積もり積もった汚れが排水管の流れを止めてしまうほどの大きさに達したときに「水が流れない」あるいは「水が排水口からあふれ出る」という状態で表面化してしまい、その時初めて排水口の詰まりに気が付くことになります。
今回ご紹介させて頂いた排水口の詰まりへの簡単な対処方法はどれも皆、詰まっている状態が表面化してしまう前の予防として行なって頂くのにもお勧めの方法です。
こうした方法に加えて毎日のバス・タイムで排水口に髪の毛を可能な限り流れ込まないようにひと工夫したりすることで、詰まりの予防効果はグンと高くなります。よろしければ、是非、試してみて下さい。

24時間受付 お忙しい方専用10秒フォーム 24時間受付 お忙しい方専用10秒フォーム

    (15分以内にご連絡希望の方はこちらにチェックして下さい)

    お名前

    電話番号

    メールアドレス

    水トラブル場所

    詰まりなどの排水口トラブル3選

    給湯器からお湯が出ない2つの主な原因

    今すぐタップでお問い合わせ!見積もり・出張費用0円