ブログ

blog

トップページ ブログ 水栓交換するにはどうしたらいい?交換前に確認することや費用について

水栓交換するにはどうしたらいい?交換前に確認することや費用について

水栓交換するにはどうしたらいい?交換前に確認することや費用について

 

もくじ

1、水栓はメーカーごとに違うのか

2、水栓交換前に確認すること

3、水栓交換をDIYする方法

4、水栓交換の費用について

5、水栓交換にお困りの方は

 

1、水栓はメーカーごとに違うのか

水栓(蛇口)を取り扱っているメーカーとしてはリクシルやTOTO、MYM、タカギなどさまざまです。
新しい水栓を選ぶ際に実はメーカーは関係なく、今まで使っていた水栓と同じタイプのものであれば、メーカーが違っても交換できます。
ただし、海外製など特殊なものは合わないこともありますので、事前に確認しましょう。

2、水栓交換前に確認すること
水栓を交換する前に、以下の2つのことを注意しておきましょう。

 

①現在の水栓のタイプを確認する

水栓交換時にメーカーは関係ありませんが、タイプが異なる水栓には取り付けることができません。

水栓の種類は主に4つです。

キッチンなどの天板に水栓がついていて、その穴がひとつであるものは「ワンホール」、ふたつのものは「ツーホール」と呼ばれています。
水栓が壁に取り付けられているものは「壁付けタイプ」、そして水またはお湯のみが出る水栓が「単水栓」です。

 

②場所により水栓の種類を決める
家の中では場所によって、使われている水栓のタイプが異なります。
キッチンでは、シンクの天板に水栓が取り付けられたワンホール、またはツーホールタイプが主流です。
浴室のシャワー水栓の多くは壁つけタイプのものです。

一方、現代における洗面台の水栓のほとんどには、ワンホールまたはツーホールが使われています。

操作ハンドルと吐水口が分かれたコンビネーションタイプは一見ツーホールタイプに見えますが、こちらはツーホールからの交換ができません。

3、水栓交換をDIYする方法
実は水栓の交換は自分で行うことも可能です。
ホームセンターなどで必要な工具を揃え、正しい方法に則って交換してみましょう。

①水栓交換に必要な工具を揃える
水栓を交換するときには、まずナットを回せるモンキーレンチ、またはウォータープルポンプフライヤーを用意しましょう。
単水栓以外の水栓交換において使用します。

また、上面施工アダプターのネジを回すためにプラスドライバーや六角レンチも必須です。
シールテープがあると壁付けタイプの水栓と単水栓を取り付ける際、水漏れを防止してくれます。
消耗品であるため定期的に付け替えるといいでしょう。

最後にマイナスドライバーが必要です、

マイナスドライバー対応の止水栓を閉めるときに役立ちます。

ここで紹介したものは、すべてホームセンターで購入可能です。
他にも水を拭くための雑巾や、水を捨てやすいバケツがあればさらに便利です。

②ワンホールタイプの交換方法
ワンホールタイプの水栓を交換する際には、まず給水管や給湯管の止水栓を止めます。
その後、給水管や給湯管につながっている、止水栓から上の部分の配管を取り外しましょう。
逆止弁があれば、それも含めて取り外します。

このときにはレンチでネジ部を傷つけないように注意し、ナットのみを外すようにしてください。

古い水栓の本体を上からゆっくりと引き抜き、新しい水栓の部品と水栓本体を取り付けていきます。

取り付け穴に固定用の金具を取り付け、蛇口本体を金具にはめ込んでからネジで本体を固定すると、しっかり固定されます。

仮止めをすると本体が浮いてくることがなく、作業しやすいでしょう。
最後に、給水ホースと逆止弁をカチッと音がするまで奥まで差し込めば、作業は完了です。

③ツーホールタイプの交換方法
ツーホールタイプの水栓を交換するときには、まず止水栓を閉め、給水管や給湯管のナットを外しましょう。

ここまではワンホールタイプと同様です。

逆止弁と水栓下のナット、さらには古いパッキンも取り外しましょう。
次に新しい水栓を2つの穴に合うように差し込みます。

給水管や給湯管のナットを閉め、止水管を開いて正常に水が出れば完了です。

 

③壁付きタイプの交換方法
壁つけタイプの場合、水道の元栓を閉めたら古い蛇口をクランクから取り外します。

水栓と配管をつなぐクランクを回して取り外し、水栓結合部分のごみやサビを取り除きましょう。
新しい取り付け脚を回して壁に取り付け、水栓本体をつければ交換は完了です。

④単水栓タイプの交換方法
単水栓の交換は最も簡単。
水道の元栓を閉めたら古い蛇口を取り外し、座金を取りつけましょう。

この時に必要な回転数を覚えておき、ぎりぎりまで締めつけないようにします。

回転数を覚えておかないと、後ほど水栓を閉めこむときに回しすぎても戻すことができません。
新しい水栓にはシールテープを巻き、最後に壁の穴に新しい水栓をはめて回して、取りつければ完了です。

③水栓交換後の水漏れに注意
水栓交換後はどうしても水漏れしやすい状況になっています。
工事が終わった後には蛇口を閉め、水道の元栓を少しずつ開けて水漏れしないかどうかを確認しましょう。

 

4、水栓交換の費用について

水栓交換には、自分と業者とで比較したときにどれくらい違うものなのでしょうか。

 

①自分で交換する場合の費用
水栓交換を自分で行うときは、うまくいけば工具と水栓代だけで終了します。
工具はホームセンターで購入できます、100円均一で買っているものにすると、より安く済ませられます。

水栓の商品そのものはメーカーやタイプによりますが、1~3万円程度が一般的です。

②業者に依頼する場合の費用

水栓交換を業者に依頼する際の相場は、業者によって大きく異なります。

請求金額は工事費用+商品代となることが多いので、気になる方は複数の業者から相見積もりをとることをおすすめします。

5、水栓交換にお困りの方は
水栓交換は自分でもできますが、方法を間違えると水漏れを招くおそれがあります。

毎日使用する水回りは常に清潔に、そして快適にしておきたいものですよね。

 

そんな水栓が水漏れを起こした場合に自分で交換する自信がない方は、ぜひ水道局指定工事店の中部水道修理株式会社にご相談くださいませ。

水栓交換の実績豊富な弊社は、対応地域内であれば24時間365日受付しております。

お見積りや出張費は無料です!

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

台所シャワー水栓の交換をさせて頂きました!

蛇口のコマパッキン交換のご紹介

緊急の場合もご相談もお気軽にお電話ください!

フリーダイヤル0120-959-369
[受付時間] 24時間

メールでのお問い合わせ

緊急の場合のご相談もお気軽にお電話ください!