ブログ

blog

トップページ ブログ キッチンの水漏れが発生する原因と対策【マンション編】

キッチンの水漏れが発生する原因と対策【マンション編】

最初は、食器を洗う時やお料理をしている時に水をこぼしてしまったのかと思っていても、次の日も同じ場所にこぼれてしまったような水を見つけてしまったなら、それは水漏れかもしれません。

マンションにお住まいの場合、水漏れで階下の人に迷惑をかけてしまうことは、可能な限り避けたいものです。水漏れによって損害賠償の支払いが必要になってくることもあります。

家庭での、水回りと言えば、キッチン、お風呂、トイレですよね。

そこで、今回はキッチンで水漏れが発生してしまう原因と対策について探ってみることにしましょう。

蛇口から水漏れする原因と対策

まずは、一番目につきやすい水漏れ箇所である「蛇口」からの水漏れの原因についてチェックしてみたいと思います。

「蛇口」の水漏れには次のような原因があります。

ナットあるいはボルトなどの緩み
蛇口の内部の部品であるパッキンやバルブなどの摩耗耐用年数超過などによる劣化
フィルターカートリッジ汚れ
・蛇口を取り付けているネジまき箇所などのすり減りや、耐用年数超過などによる劣化
給水管などの配管の内側の詰まり

蛇口の水漏れとひと口に言っても、水漏れ箇所や状況は幾つかありますので、
水漏れのケース別に考えられる原因と紐づけておきたいと思います。

水栓や蛇口から水が垂れている

水栓や蛇口からポタポタと水が落ちて来る状況は、水漏れが始まったばかりの状態です。
この状態の場合、自分で簡単に修理することが可能なケースが多いです。

ナットやボルトが緩んでいたり、パッキンやバルブなどが古くなってしまっていたりすることによって起こります。

吐水口から水がポタポタと落ちている

吐水口から水がポタポタと落ち続けている状況の場合は、吐水口についているフィルターが汚れてしまっていることが原因と考えられます。

吐水口のフィルターが汚れていないかどうか確認してみて下さい。

蛇口のパイプとレバーの付け根付近から水が漏れている

こうした状態が起こってしまう原因として、ナットやボルトなどの緩み、パッキンなどの部品が古くなってしまっていたり、フィルターなどが汚れていたりすることが考えられます。

蛇口などを取り付けている部分から水漏れしている

蛇口等を取り付けている設置場所から水漏れが起きてしまっている場合は、ねじ巻き部分が劣化してしまっていたり、配管内部が汚れてしまったりしていることが原因として考えられます。

これは自分では対応することは難しい状況です。

 

蛇口からの水漏れと原因について分かりましたが、それでは対策にはどんな方法があるのでしょうか?
考えてみることにしましょう。

蛇口には、様々な部品があります。もし、10年以上使用しているのであれば蛇口そのものが耐用年数を超えている可能性が高いことになります。
この場合は専門業者に修理を依頼することが必要になります。

けれども、10年未満の場合は、取り扱いが乱暴だったり、メンテナンスが不足していたりしたために部品が壊れてしまった可能性がとても高くなります。

原因が特定出来ている場合は、ご自分で部品を交換することも可能です。

いずれのケースも修理が完了したら、蛇口の水漏れを起こりにくくするために、蛇口を力一杯閉めたりするようなことは避けて定期的なメンテナンスをお勧めします。

排水管、シンク下から水漏れする原因と対策

次に、排水管やシンク下から水漏れが起こってしまう原因と対策について探ってみることにしましょう。

シンク下が濡れている

シンク下が濡れていると、最初は水漏れとは思わずにお鍋やフライパンに水が残っていたのかも?と思ってしまうことが多いようです。

シンクの下にある止水栓のパーツが経年によって劣化してしまったことが原因として考えられます。水道メーターの止水栓をすぐに止めることをお勧めします。

シンク下が水浸しになってしまっている

排水栓が長年の使用によって劣化してしまったため起こってしまったと考えられます。

排水栓の劣化によって起こる水漏れは、シンク下だけでなくシンク全体を水浸しにしてしまう可能性があります。専門業者にすぐに連絡しましょう。

シンク下から水がポタポタと落ちている

排水を行なうための蛇腹ホースが劣化してしまっていたり、傷がついてしまっていたりすることが原因として考えられます。

蛇腹ホースは排水管に比べて傷がつきやすい素材になっています。
そのため、まずはシンクの下をチェックして傷をつけてしまっているものがないかどうか確認して下さい。

もし、該当するものがあればすぐに移動させて下さい。

シンク下全体が湿っていたり、濡れていたりする

排水管に物が詰まっていたり変形したりしていたりして、排水が上手く流れなくなってしまっていることが原因として考えられます。

食べ残しや油などをシンクに流してしまうと詰まりの原因になります。

また、熱湯をそのままシンクに流してしまっている方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

排水管は熱湯で変形を引き起こしてしまいますので、ゆで汁やインスタント食品やレトルト食品に使った熱湯などは、冷ましてから流すようにすることが肝心です。

修理と対処方法について

キッチン周りの水漏れの状況と原因について見て来ましたが、修理と対処方法について確認しておくことにしましょう。

いずれのケースも、水漏れ被害を拡大してしまわないためには、すぐに水漏れの原因を特定することが大切になって来ます。原因が分かれば水漏れをそれ以上酷くしてしまわないように対応することが可能です。

キッチン周りで水漏れに気が付いたら、キッチンを使用することを即座に中止して下さい。原因を個人で特定することは難しいケースもありますが、可能な範囲で水漏れを防いで下さい。

そして、水漏れが起こっている場合、水漏れによって濡れてしまっている床やシンクの水をすぐにふき取って下さい。

ポタポタと水が漏れ続けている場合は、その水を受け止めるために容器を置いて直接床やシンク下に溜まってしまうことを防ぐと良いでしょう。

そして、管理会社や修理業者などにすぐに連絡を入れて下さい。

賃貸マンションにお住まいの場合は、オーナーは水漏れがあればすぐに修理する義務がありますので、すぐに対応してくれます。

また、借りている方も、水漏れに気が付いたらオーナーや管理会社にすぐに報告する必要がありますので、ご自分で修理業者に依頼する前にオーナーや管理会社に連絡されることをお勧めします。

賃貸マンションの場合は、基本的に備わっている設備の管理や補修はオーナーが行うことになっています。

ご自身で所有しているマンションにお住まいの場合は、トラブルを避けるためにも管理会社に連絡を入れて階下などに水漏れによる被害が出ていないか確認してもらうようにすることをお勧めします。

場合によっては、賠償責任が発生するケースもありますので、個人賠償責任保険に加入されている方は多いのではないでしょうか?

けれども、いざという時に対応してくれる水道の修理業者を見つけている方は意外と少ないのではないでしょうか?

水漏れは、早い段階で対応することで、修理に要する費用や時間を抑えることが出来ますし、階下への被害を防ぐことも可能です。

そのためにも、対応が早く信頼出来る水道の修理業者に依頼することは重要なポイントになって来ます。

普段水漏れのトラブルもなく、当たり前のように使っていると水道の修理業者の必要性をあまり感じることはないかもしれませんが、ある日突然水漏れが発生した時に慌てないためにも、普段から信頼のできる修理業者を探しておかれることをお勧めします。

24時間受付 お忙しい方専用10秒フォーム 24時間受付 お忙しい方専用10秒フォーム

    (15分以内にご連絡希望の方はこちらにチェックして下さい)

    お名前

    電話番号

    メールアドレス

    水トラブル場所

    ラバーカップの使い方

    トイレ詰まりに困ったらコレで解決!

    緊急の場合もご相談もお気軽にお電話ください!

    緊急の場合もご相談もお気軽にお電話ください!
    [受付時間] 24時間

    メールでのお問い合わせ

    今すぐタップでお問い合わせ!見積もり・出張費用0円